ギター初心者がまず買うべきモノは?①ギター編

1.
そこそこ良いギターとマルチエフェクターを用意しよう。

「ギター初心者がまず買うべきモノは?」
ギターを始めたいという方からよく頂く質問ですね。
以下、あくまで個人の意見ですので参考程度にお願いします。

私なりの答えとして、
①そこそこ良いギター
②マルチエフェクター

があれば、充実したギターライフが始められると考えています。
ただ、「そこそこ良いとは?」や「多機能なマルチは初心者には使いこなせないのでは?」という疑問が生じると思います。

この記事ではその点を自分自身の経験からお伝えできればと思います。

2.
「初心者セット」について

ギターを始めたい!という方から一番よく頂く質問です。

これに関して個人的な意見を述べさせていただくと、初心者セットはあまりオススメしません。
※ここで言う「初心者セット」とは1~2万円でギター本体と周辺グッズが付属しているものです。

まず、初心者セットにはギターを中心に関連するグッズ(アンプ、ピックなど)がいろいろ付属しています。ギターに関する知識に乏しい初心者にとって「自分で選ぶ必要がない」という点は大きな魅力です。
しかし、セットの内容物=自分のギターライフに不可欠なものとは限りません。

特に、セットに含まれる安価なアンプに関しては以下の点であまり必要性を感じません。
・日本の住宅環境ではそもそも音を出しづらい
 →仮に良いアンプであってもある程度の音量を出さないとアンプの良さが発揮されません。
・セットに含まれるアンプ単体では音作りの幅が狭い
 →出したい音が出せずモチベーションが下がります。

また、ギター自体に関しても、1~2万円のセットに含まれるものはそれなりの低コストで製造されているため、プレイアビリティに関わる部分で問題が生じることが考えられます(後述)。最初の体験用と割り切って使うのであれば、それはそれでよいとは思いますが、楽器自体に愛着がわかないとその後の練習のモチベーションは大きく低下します。

3.
ギター選び

「そこそこ良いギター」と言いましたが、具体的にはどのようなギターを選ぶのが良いのでしょうか。
最初の1本としてオススメなのは、トラディショナルで飽きの来ないデザイン、様々なジャンルに対応できる幅広い音作りができるギターです。
トラディショナルなギターとして多くのアーティストが使用しているポピュラーなものとして、以下のようなギターがあります。

ギターの2大メーカー、フェンダー社ギブソン社のモデルですね。歴史も長く、多くの有名アーティストが使用してきたギターです。
いずれも、US製のギターで、新品で購入すると20万円以上するものが多いです。中古品を狙えば10万円前後から入手可能ですが、ネックの状態やフレットの減り具合など、ギターの状態に関して見極める知識も必要ですので、どうしても中古のギターが欲しい!という方は知識のある方と楽器屋さんに出向き、店員さんにいろいろ確認してもらいながら購入するようにしましょう。

話を戻しますが、初心者でいきなり上記のようなギターを購入しようと思う方は一部かと思われます。では、具体的に初心者の方はどのようなギターが良いのでしょうか。

①上記老舗ブランドの廉価版メーカーのギターを探す
一つ目は、フェンダーやギブソン傘下の入門用ブランドのギターを購入することです。こちらは、老舗のノウハウを受け継ぎつつ、生産国をアジアなどに移して生産された製品になります。2000年代初頭までは作りの粗さなどが目立った例も多かったのですが、近年はコスパを考えれば十分使用できるハイクオリティーな製品が増えています。

SUQUIRE(スクワイア)by fender
フェンダー傘下でコストパフォーマンスに優れた製品を生産しているブランド。フェンダー同様のトラディショナルな使用のギター以外にも現代的なスペックを取り入れたオリジナルモデルもラインナップされています。
初心者は、操作がシンプルなストラトキャスター、テレキャスターがオススメ。価格は25,000円くらいから。

SQUIRE / STRATOCASTER

SQUIRE / TELECASTER

フェンダーから発売されているモデルはおよそラインナップされています。

Epiphone(エピフォン)by Ginson
レスポールなどの廉価版のモデルを生産する他、オリジナルモデルやアーティストモデルなども幅広く手掛けている。オリジナルモデルとしては、ビートルズのジョンレノンの使用で有名な「カジノ」や、「リビエラ」「シェラトン」などがあります。
また、日本製のEpiphone Elitist(旧Elite)シリーズがあるが、こちらは高額となるため今回の対象からは除いています。
ギブソンやエピフォンのギターの多くは、セットネック(ボディーとネックを接着によって接合する方法)で作成されており、フェンダー系のギターのデタッチャブル方式(ネックとボディをボルトで接合する方式)より手間がかかり、価格も若干高くなります。
40,000円~くらいからのレスポールモデルがオススメ。レスポールの中でも「Studio」は装飾などを排してコスト低減を図ったモデルで、レスポールの雰囲気はそのままにお手頃な価格になっています。

Epiphone / Les Paul Studio

Epiphone / Les Paul Standard

②国産ブランドのギターから選ぶ
スクワイアやエピフォンと比べるとやや高くはなりますが、国産ギターも非常におススメです。
国内には寺田楽器(VGやグレコなど)、ディバイザー(バッカス、モモセなど)、東海楽器(Tokai)など素晴らしいメーカーがたくさんあります。

日本のメーカーの多くは、70年代から80年代にかけてかつてギブソンやフェンダーといったUS製ギターを徹底的に分析し、オリジナルに忠実なコピーを製造していました。日本のクラフトマンによって作成されたギターは、その品質の高さから「本家を凌ぐ出来」と評され、世界中で注目を浴びました。
その後各社は、権利関係の問題から無許可のコピーではなく、正式に契約を締結しギブソンやフェンダーのサブブランドのOEM生産を行ったり、オリジナルギターの生産に移行するなど、着実にノウハウを蓄えてきました。

日本製ギターのポイントは何といっても、低価格・高品質!これはあくまで個人的な意見ですが、US製のギターを購入するのであれば、同価格帯の国産ギターも視野に入れるべきだと思います。

一例として、管理人の所有するVG(寺田楽器)のKTR-ES CSTは、Gibson ES-355を意識したモデルですが、ネックの鳴りや全体的な作りなどはこちらの方に軍配が上がります(あくまで個人の感想です)。ES-355は購入当時、中古で40万円弱でしたが、こちらは新品で18万弱。圧倒的なコストパフォーマンスです。
https://www.musicland.co.jp/fs/musiclandkey/gd37751

フェンダーも高品質の日本製シリーズを展開しています。以前はフェンダージャパンというブランドで販売されていました。

Fender Made In Japan Series

こちらはヘッドのロゴマークも「fender」ですね。

ここまで長々と書いてしまいましたが、次回はエフェクターについて説明していこうと思います。


関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

PAGE TOP